sample_image

消費者金融とは?

このサイトは金融業界を支えている
消費者金融について深く 考えてみたサイトです。
利用した事がある方についてはわかると思いますが、よくわからない方に少し説明できればと
考えています。消費者金融は今や10人に1人は利用しているそれほど利便性であたり必要としている人がいるわけですね。
専門的に説いてしまうと多くの方に伝わらないと思うので
出来る限りわかりやすい言葉を使って
解説していきたいと思います。

ただ、消費者金融や金融の業界というのは
なぜか難しい言い回しや専門用語も多いので
そのあたりも途中解説したりしていきます。

これから就職活動や社会に出る方等でも
金融を知ることは ビジネスを知ることにもなりますので
ぜひ気軽に参考にしてもらえると 嬉しいです。

消費者金融ってなんだ?

まず根本的に消費者金融とは何なのでしょうか。
消費者金融を他の業種で例えてみます。
消費者金融は金融のサービスを提供する会社です。
例えばエステサロンは、そのエステサロンで脱毛サービスや
岩盤浴やアロママッサージなどを行うと思います。
当たり前ですがエステサロンを提供するってことはないですね(笑)
つまり、消費者金融は「キャッシング」「カードローン」「おまとめローン」
といったサービスを提供
しています。

すごく当たり前のようなことに思えるかもしれませんが、
これが消費者金融です。

なぜこんな回りくどい説明をするかというと所謂
先ほどいった「カードローン」等のサービスは
消費者金融以外でも提供をしている
からです。
例えば銀行や信販会社などがそれにあたります。


ただ、一般的にはそういった会社や銀行も含めて消費者金融という形で
ひとくくりに認識されているというのも事実でしょう。

ここはあくまでも、【細かくいうと】という話なのでそこまで気にしなくてもいいですが
専門的に学ぶとなると知っておいてもいいという話になります。
なぜかというと、例えば年収の3分の1以上の融資は所謂
消費者金融では賃金業法の総量規制によって借りることができないなど改定されました。
例えば銀行の住宅ローンやカードローンサービスですと、その3分の1以上の融資が
可能
であったりします。専門的にいうと総量規制の対象外商品を銀行などでは扱う
ことが可能といえます。
こういった細かいことを知りたい方は先ほど言ったことを
頭に入れておくと納得しやすいでしょう。
また、消費者金融やキャッシング、賃金業法等々を知りたい方は以下に
参考URLを張っておきますのでご参考下さい。

参考URL

改正貸金業法・多重債務者対策について:金融庁

大手消費者金融の特徴比較

金融機関名 実質年率 限度額 審査時間 簡易診断 最低借入額 最小返済額
(10万円借入の場合)
無利息サービス
アコム 4.7~18% 500万円 最短30分 3秒お試し診断 1万円 5000円
借入金額×4.2%
(1000円未満切り上げ)
-
アイフル 4.5~18% 500万円 最短30分 1秒診断 1000円~ 4000円 -
モビット 4.8~18% 500万円 最短即日 お借入診断 1万円 4000円 -
プロミス 4.5~17.8% 500万円 最短30分 お借入診断 1万円 4000円
借入後残高×3.61%
(1000円未満切り上げ)
30日間無利息

消費者金融の特徴を表にしてみました。実際に見て見ると実質年率、限度額などそれほど違いがない事がわかると思います。ではどこに違いがあるかは、例えば最低借入額の項目に注目するとアイフルが1000円~借りれる事がわかるかと思います。 借入で1000円だけ必要な時に他の会社では1万円借りる事になりますが、アイフルでは1000円から借りれるのでムダに借りる必要がないというメリットがあります。プロミスであれば30日間の無利息サービスがあるなど、それぞれの業者に特徴があります。もし利用する場合は消費者金融のスペックをしっかり確認して特長を捉えた上で選択する事で賢く活用が出来るかと思います。無利息の話しを少ししましたが、もしも30日間の無利息を受けられるのであれば、借入期間が30日以内で全額返済可能なら無利息融資が可能となります。

消費者金融はどのくらい経済に貢献をしているのか?

消費者金融の利用者は数百万人はくだらないでしょう。
一人が借りる金額は~10万円程度かもしれませんが、
中には数十万、数百の借入をする場合もあるでしょう。

合計の金額が経済にどうこうではなく、
他業種のサービスと違うところは
消費者金融というのはお金がサービスというところでしょう。
お金の動きが経済を活発にするのはいうまでもない話ですが、
つまりお金が直接動き、借りたお金はかなりの確率で利用されるわけですから
相当な経済の貢献を果たしていることだと思います。
例えば、最近のアベノミクスでも金融緩和を行うのも低い金利でお金を貸出
どんどんお金を使ってもらうことが目的になるでしょう。

住宅ローン減税についてで説明しますが、住宅の負担を減らすことが
延長されるようなことが騒がれていますが、そういったこと行うことで
住宅ローンの借り入れを行いマイホームを購入する人が増えるかも知れません。
少しそれましたが、金融とは経済のカギを握るサービスといえると思います。
なかでも消費者金融は、個人に対して融資をしてくれるわけですから、
裾野が広い分、先進国ではなくてはならない存在になってはきていることでしょう。