sample_image

信用取引での事故情報の記録はおそろしいこと

借入申し込み時、消費者金融に限らず、銀行での借入、
クレジットカードでの現金借入の場合などにおいては、
個人信用情報と呼ばれるデータベースに記録されている内容と、
申し込み内容の照会が行われ、ここで何か問題がある場合には、
審査否決となり借入れができないわけです。

個人信用情報には、氏名、住所、電話番号など個人を特定できる情報のほか、
信用取引における取引履歴が記録されているわけで、
この情報から返済能力に見合わない、つまり貸したら返済がむずかしい可能性が高いと
判断されることになります。

個人信用情報に事故情報が記録されていると、確実に審査に通らなくなります。
これまでの取り引きにおいて

・返済の延滞
・代位弁済
・債務整理、自己破産
・強制解約

等があった場合に事故情報として取り扱われます。

どれくらいの期間返済が遅れたら事故情報になるのか?

上に挙げた中で、一番ありそうなのが返済の延滞です。
返済できるお金があったとしても、うっかり日にちを間違ってしまったとか、
なんらかの理由で遅れてしまったということは誰でも可能性のあることです。

ではどの程度返済が遅れたら、事故情報になってしまうのかといいますと、
返済日から61日以上か、または3ヶ月以上遅れた場合に、事故情報として記録されます。
この点だけ見ると、延滞については甘い条件だと思ってしまいがちです。

例えば、1週間とか1ヶ月ぐらいだったら事故情報にならないなら、
その範囲内で返済してれば大丈夫なのでは?と、何度もこういった遅延を繰り返した場合、
業者の判断によって事故情報として登録されてしまうこともありうるのです。

あくまで想像ですが、1日だけ遅れてしまうことが3回あったら、
事故情報として記録するなど、なんらかの基準を決めている業者もあるでしょう。
個人信用情報に登録する取り引き履歴は、貸し付ける業者の判断によっても
左右されるものだといえます。

ですので61日以上・・・という決まりがあることは確かですが、
1日でも遅れたらアウトだと思っていたほうが確実なのです。
返済に遅れることで、督促や取立てが・・・という点も気にするべきです。
しかし、信用情報に傷がついてしまうと、他の借入れもすべてできなくなってしまいます。
そしてこの事故情報は、5年間消えません。
現在ではクレジットカードでの支払いを行う場面も、以前とくらべて多くなっていますから、
日々の生活のなかで不便な面も多く考えられます。

フリーローンに限らず、大きな買い物をする時には、それ専用の目的ローンなどを
上手に利用して借入れを行うことは、収入を超えた買い物ができるために用意された、
人生を豊かにできる手段のひとつなのです。
月並みですが、借入れの際には期日通りの返済は必須であること忘れないようにしましょう。