sample_image

収入証明書の有効期限3年が経過すると再提出が必要になる

消費者金融の申し込み時には総量規制に伴う返済能力の調査が必須となり、収入証明書の提出が必要となるケースがあります。条件があてはまる場合、提出しない限りは融資を受けられません。

では申し込み時に一度提出してあれば、それ以降は提出の必要はないのかといえば、
そういうわけではありません。勤務先が変ったり、収入証明書の有効期限である3年を過ぎた場合に再提出が必要になります。 また、申し込み時に提出の必要が無かった場合でも、借入額が条件を上回る場合や、 限度額の増額の際などに再提出が必要となります。

例えば、これまで年収500万円あった方が、
3年後に勤務先の業績が悪化して年収が200万円になってしまった場合や、勤務先の変更によって年収が200万円になってしまった、ということはあり得ます。

初回が1社から50万円以下の借り入れだった場合でも、その1社での借り入れが増えて50万円を上回る場合や、他社で借り入れを行い、合計金額が100万円を超えてしまうことも考えられますね。

■収入証明書の再提出が必要となる条件
【契約時に提出したケース】
・収入証明書の有効期限3年が経過した場合
・勤務先が変更となった場合
【契約時に提出していないケース】
・1社からの借入額が50万円を上回った場合
・複数社からの借入額が100万円を上回った場合
・限度額が増額になる場合

勤務先の変更に関しては、必ずしも提出が必要となるわけではありません。
というのも、勤務先が変っても新たな申し込みを行わない限りは、信用情報の登録内容が変更となることはありません。しかし例えば住宅ローン、自動車ローン、銀行カードローンなどの総量規制に関わりのない借り入れ申し込みでも、登録内容は変更され、信用情報は更新となり、この情報は消費者金融からも照会できるわけです。
ただ、常に利用者すべての情報を照会しているわけではありませんから、新たな申込を行ったからといって、必ず提出が必要となるわけではなく、このあたりは運次第ともいえます。

10万円以上借りている場合、信用情報をチェックされる

もうひとつ覚えておきたいのが、リボルビング返済での契約で、借り入れ残高が10万円を超える場合には、3ヶ月に一度貸主が信用情報をチェックすることが義務付けられています。

さらに10万円を超える借り入れ残高に加え、1ヶ月に5万円以上借入がある場合には、その都度信用情報をチェックしなければならないことが、総量規制に定められており、勤務先を変更した場合などには注意が必要です。

消費者金融の借り入れは、ほとんどの場合がリボルビングでの契約なので、この条件はほぼ確実に当てはまることを覚えておきましょう。