sample_image

水商売勤務21歳は保証人不要でキャッシングできるの?答:職業はそこまで見られない

水商売だから、不安定な職種だからって理由で勝手に自分は借りれないのでは?と悩むのはちょっと無意味。という話まとめ。

学歴、職業等の価値観は薄れた現代だが判断材料には重宝されるりゆう指標

現代は学歴、職業、年収、年齢という情報を元に人を判断する時代ではなくなってきました。平成前半から昭和以前の時代は年功序列男尊女卑といった時代背景がありましたが現代はインターネットの影響も強いかと思いますが古いしきたりは良くも悪くも排除傾向にあるかと思います。

しかし、それはあくまでも道徳的な話であり厳密な審査だとかは当然前述の学歴だとかはまだ判断されます。学歴社会ではないと一言で言うのは難しく、事の原因は多様化によって曖昧になってきているのではないでしょうか。

つまり、学歴を就職活動時の審査指標にすると一定の基準で精査がしやすい。決して慶応早稲田以下の学生が全員駄目というわけではなく、あくまでも効率などを考えた時「学歴」が審査対象としてしやすい。というだけの話でしょう。一部の企業では。

反対に、学歴関係ないという会社は他の何らかな指標があるとか、採用人数自体が極端に少ないとか何らかな理由があるから学歴を指標にしていない。ということもあるでしょう。

採用一つとってもそれぞれが違う考えの下採用をする。現代はまさしく多様化の過渡期なのではないでしょうか。そんな中、ソーシャルネットワークでは、誰かの行動に対し批判をすることも良く見かけます。これらの大半はそういった背景を無視し批判をしているだけですので、批判をする人の方がおバカな確率は高かったりしますね。

とある水商売勤務の女性イレギュラーでキャッシングを検討したが。。。

さて、こういう現代で肩身が狭いと勝手に解釈する子羊がいました。彼女の名前は伏せますが水商売の店員で若干21歳。

稼いだお金はホスト、服等など湯水のごとく使いきるという性格で見方を変えれば無駄に節約なんていうことしてるから経済が鈍化するんじゃないというこんな時代にはどんどん増えてくれるといいのになーという存在かもしれません。まあキャッシングしないことに越したことはないのですが。いつも通りお金をバンバン使っている月に金欠になってしまった。そしてその時運悪く結婚式が。。。

いやいや、普通結婚式あるならその分残しておくでしょ。。と思ったのですが、どうやらかなりイレギュラーらしく親戚であ、○○ちゃん2週間後式だから来てねというあり得ない誘いだったそうです。ちょっと舐められてる舐めと思いながらも、いくしかないよなーとなりました。実は親からは訳あってお金を借りることはできません。彼女が考えたのはキャッシングでした。

しかし、自分は水商売で年齢も21歳だし。。。困ったなあ。担保とかないしなー。と良くわからない悩みを持っていたそうな。結婚式まで残り4日となった時、解決策が見当たらなくなった為、駄目もとで駅前の契約機がある消費者金融に足を運びました。そこでドキドキしながら審査をしてみたら、なんとあっと言う間に審査が通り無事ご祝儀代を借入れ出来た。

この消費者金融の利用の仕方って、まあ人によっては節約していればよかったとか。色々論点ずらした声も聞こえてはきますが、正しい使い方の一つかなあと思います。

見方を変えれば、ここでキャッシングができなくて、親とかに借りて「あんたなんでそんな無駄遣いするの!?」とひと悶着あり、お金を使わない生活に戻るなんてドラマもあるのかもしれませんが。。。まあそのあたりは考えればきりがないというか。。

ただ、必要な事にお金を使う為に借りる。という点と、イレギュラーであったというどうしようもない背景がある中で借りた。というのは正しいかなと。 そして、そもそもがキャッシングなんて利用したくないという人だったというのも良いんじゃないでしょうか。なぜかというと、これだけ借りやすくなっている仕組みはこういったイレギュラーな必要な人にお金を貸すことができているということです。逆説的には簡易的すぎて無駄に借りてしまうという側面も当然ありますが。またきりがなくなってきましたね。