sample_image

現金での取引と帳簿上の取引について

私たちの普段の生活の中では、一日に必要となるお金は特に大きな買い物をしたりしないのであればせいぜい数万円程度、ある程度収入のある方でも、財布の中に現金が常に10万円以上入っているとい方は少ないかと思います。

普段仕事に行っている日なら、昼食代と通勤にかかるお金、そのほかにちょっと多めに持っていたいとしても、少なく見積もれば数千円もあれば事足りてしまいます。
銀行に貯金が300万円あるという方でも、財布にある現金は数千円。

ではこの貯金現金でいっぺんに引き出すとすると、ATMではだいたい50万円が限度額だったりするので無理、銀行窓口なら引き出すのに限度額はありませんが、事前に予約しておいたりしたほうがスムーズに引き出せるといいます。

仮に貯金が100兆円あったとして現金でいっぺんに引き出せるのでしょうか?
この場合、残念ながら引き出すことはできません。
というのも、今現在日本で流通しているお札を全部合わせても98.4兆円しかないからです。

参考リンク
日本銀行 日本で流通しているおお札は全部でどれくらいありますか?

ちょっと桁が大きすぎてピンとこないですね。

例えば、ネット通販で買い物をする場合なんかだと、振り込みで支払いをしたりします。
その場合、自分の通帳(帳簿)の上では、残高が減りますが、実際に現金が動くことはありません。買い物をする店舗が指定する口座に帳簿上で入金された扱いになるだけです。
こういった実際に現金が動いていなくても、帳簿上でのやり取りだけでお金の所有権を帰ることができるシステム、これが銀行、もっといえば金融の仕組みだといえます。

銀行では預金として預かっているお金を元に、融資を行い、利子を得たり、こういった一連の流れは、「信用創造」とも呼ばれています。
一方、消費者金融は預金業務というものは行っていませんから、融資を行う際に元手となるお金を銀行から借り入れることになります。金利を高く設定せざるをえないのはこのためです。

また、クレジットカードで買い物をする場合なら、実際に現金を持っていなくても、 物品と引き換えに、クレジットカード会社が後日支払いをしますよ。なので利用者は後日その金額をクレジットカード会社に支払ってくださいね、ちゃんんと支払ってくれると信用してますから、という仕組みが基本です。

このように、実際にお金を払ったりしていなくても、払ったことにして、
帳簿上で取引をする。それが金融の仕組みの基本といっていいわけです。
だから、日本で流通しているお金は98.4兆円もあれば充分だといっていいのです。

キャッシングでは現金を手にすることができるが・・・

消費者金融などでのキャッシングでは、その場で現金を実際に手にするわけです。とはいっても大きくても数十万円程度のお金だからこそ、出来るサービスなわけで、審査の面はおいておくとして、キャッシングで数千万円を借りるとなったら、現金を用意する側も大変ですね。

近年では、利便性が高くなって振り込みでの融資が主流になってきました。
つまり金額は小さくても帳簿上の取引のひとつであるといえます。

利用者の指定した銀行口座などに、振り込みで融資を受けたら、多くの場合銀行ATMや、
提携しているコンビニ設置のATMなどで、現金を引き出すかと思います。
そして、この借入を行ったという事実は、帳簿上に記録されるわけです。
ごく当たり前の話ですが・・・。

現金を手にしたならともかく、現金を手にしていないのに、借りたことになったり、 貸したことになったり、はたまた支払ったことになったりと、なんだかちょっと現実感が沸かない気もしますが、消費者金融を含めた銀行などの金融機関、金融業界というのは、
こういった世界であるということを覚えておきましょう。