sample_image

疑問:マイナンバー制度で消費者金融の借入を管理される?

もうすぐ全国民のマイナンバーが発行され国民は国に管理されます。 こういう言い方をすると険しく聞こえますが個人的感想としてはマイナンバー制度はメリットが大きいと感じます。

今後どうなるか?という観点から考えると、怖い部分も大きいですが。 貯金を沢山している人から税金をとったりと、そういう流れも可能性としては無くはないですからね。ただ現状からすると、個人、法人の納めるべき税金漏れを極端に減らすことができるというメリット、書類手続きの簡素化ができるという時点で非常に生産的なのではないでしょうか。

不安として聞こえてきそうなのは消費者金融でいくら借りているかとかも完全に筒抜けになってしまうの?という声ですが、コレは今回のマイナンバーとは全く関係ないですね。 そもそも、消費者金融がマイナンバーを要求する事は違反の様です。民間企業が活用する事はできない。(現段階だけかもしれませんが)
マイナンバー制度の危険性についてはこちらに追記しています。

その心配既に管理はされていますよね といいますか、借入の状況(消費者金融から借りているとか遅延があるとか)は既に信用情報機関が管理をしているのでここは不安になる必要はなさそうです。

むしろ管理されたほうが安心な気もするが。。。

ここからは、管理人妄想談ですが、民間消費者金融が管理されたとすればそれは非常に安全性が高くなると思います。大手は別に今のままで良いのですが、消費者金融やお金の問題点を挙げると、無許可の業者がまずあがります。

無許可の業者は金利等違法行為で貸す場合がありますが、これらを管理できればすぐさまアラートがなり被害を軽減できますよね?

そもそも法人登記とかしない場合とのマイナンバーとの関連性が複雑なのでそのあたりは分からないんですが口座を国が閲覧できるという形式になれば結構多くの犯罪が防げるんじゃないかなあと。勿論手渡しにしてしまえばそれまでの話なんですが、そんな手間なこといまどきねえ。というのがありますので。

借金関連記事:借金は整理で借入は返済?似て非なるこのニュアンス