sample_image

消費者金融に対しての苦情について

長い歴史の中で、消費者金融の利用による被害は
一向に後を絶ちません。
本当は良心的で健全に経営している消費者金融も多いのですが、
どうしても世は悪徳業者の評判が目立ってしまうため、
消費者金融全体の印象が悪くなってしまうのです。
では、悪徳業者に関係してしまったときはどうするか。
今回は泣き寝入りで損をしないための防衛策
解説していきます。

まず消費者金融に対しての苦情窓口を皆さんはご存知でしょうか?
真っ先に思い浮かぶのは警察かもしれませんが、
ある程度事件(悪質・違法)性がないと、なかなか動いてはもらえません。

そして行き場を失った末、最後は違法な取り立てに遭ってしまうケースが非常に多いのです。
では実際にはどこへ相談すれば良いかと言うと、先ずは無料で相談できる公的機関が鉄則です。

法律事務所へ相談することはもちろん可能なのですが、
弁護士費用がどうしても高くついてしまうため、先ずは無料相談へ相談するようにしてください。

無料で相談ができる窓口とは?

苦情メインで相談したい場合は、先ずは消費生活センターが挙げられます。
被害の状態や違法性の度合いによっては、優先的に解決へ導くための
アドバイスをしてもらえる可能性が高いので、何に困っていて苦情を伝えたいのかが
見えないときでも相談に乗ってもらえます。
また、日本貸金業協会もおすすめで、消費者金融業者からの
違法な返済請求があった場合の苦情は専門分野なので、安心して相談できます。

これらを利用しながら、消費者金融側の対応や、被害額の度合いに応じて、
やはり確実でスピーディーな解決を望む場合に、法律事務所へ苦情相談するのが適切です。

直接交渉は厳禁

注意してほしいのは、決して消費者金融業者と直接交渉をしないことです。
相手はプロですから、そう簡単に論破することはできないと思った方が良いですし、
本人は返済できない負い目を感じているわけなので、
結局は救済できず手遅れになってしまいます。
苦情はあくまで、第三者を通して行うことを忘れないようにしましょう。

消費者金融を健全に利用するためには、そして自己を防衛するための最大の武器は「知識」です。
泣き寝入りしないためにも、しっかりと学習して適切な対応をしていきましょう。