sample_image

名義貸しで消費者金融から借金を行ってはいけない理由

身内でお金に困っている方がいると、どうしても助けてあげたいという気持ちも働いてきます。特に、身内から強く頼まれてしまうと断れなくなってしまい、自分名義で借金を重ねるようになってしまいます。ただし、名義貸しで借金を重ねた場合、最終的には借りた本人ではなく、名義を貸した方が借金を背負うことになってしまうのです。 そもそも名義貸しというのは違反であるためしてはいけませんが
いけないと言っても何も知らないで貸してしまう人も世の中にはいるのかもしれないので
そういった違反云々ではなくいけないということを書きます。

名義貸しをした場合、その相手が滞りなくお金を返済してくれればいいのですが、自分の名義でお金を借りられない方というのは、今までに返済を遅延しているなどで、業者からを目をつけられている方が大半になっています。

余裕がなくなり回らなくなるのが借金苦

このような状況に置かれている方の場合、返済できる金銭的な余裕などありませんので、時間がたつうちに返済もできなくなってしまうのです。
名義貸しした相手が返済できなくなってしまうと、当然申し込みをした本人が代わりに返済しなければなりません。

自分は借り入れしておらず名義を貸したまでと業者に説明しても、そのような都合が通ることはありませんので、使用していないお金を返済し続けなければいけなくなるのです。
また、借り入れ額が大きくなれば、返済していくことが困難になり自転車操業に陥ったり、最終的には自己破産などの法的手続きを行う必要も出てきます。
自己破産を行った場合には、クレジットを作ることができなくなるなど、これから先の人生に悪影響を及ぼすことになりますので、身内に頼まれても絶対に名義貸しを行わないようにしましょう。

連帯保証人は実は名義貸しのようなもの

何か不動産を買う時などに連帯保証人という保証人の欄があるのを見たり聞いたり
したことがあると思います。

実は連帯保証人とはある意味名義貸しのようなものです。
そもそもがお金の保証人ではない場合は直接返済というわけではなく返済できなくなってからの返済ですから例えば身内で賃貸をするときなどはあまり気にしないというのがほとんどかと思います。ですが大きな金額などが絡む他人の連帯保証人の場合はならないことが得策と言えるでしょう。保証人と連帯保証人の違いは歴然で、もし連帯保証人になってしまった場合、極論ですが、借入当事者がきちんと返済していて返済能力があったとしてもいきなり連帯保証人に返済してという要求を出せるわけです。

連帯とはそういうことです。なので信頼関係が気づけていても他人の場合は連帯保証人に
ならないことが得策です。