sample_image

融資とは?なぜ即日対応ができるのか?なぜをわかりやすく解説

トップでは消費者金融とは?何ぞ?という解説をしていますが 融資とは?何なのかの結論を先に言うとこの消費者金融含む様々な金融機関 が個人や法人を相手にお金を貸し付けることを言います。

個人の方に関して言えば人気オプションとして“即日対応”があげられます。必ずと言っていいほど。このサイトにきている方は個人の方が多いと思いますがこの即日系商品とは別に多くの商品があることをしればなぜそういった対応が可能なのか? から金融機関がそういった商品を準備しているという理屈がわかるかと思います。

多様な融資商品と金融機関の目的とは?

個人と法人は多様な商品から自信の目的に合う商品を選び 資金調達(借入れ)が出来るようになりました。

金融機関の目的はどういったことなのでしょうか。 これは単純にどの機関も商売ですので儲けを出すことが前提で行われています。

貸付の金利から利益が出ているというのは言うまでもないでしょう。

しかし国の制度で無利子で融資をしてくれるものも あります。これらはなぜ行われるのでしょうか。

融資は結論として経済を回す潤滑油

個人の場合目先の必要なお金が必要な場合が多い為小額で間に合うことがほとんどでしょう。ですから数万円~がほとんどですが 法人の場合は中小企業でさえも中長期的に事業目標を持っている為借り入れる額も 半年、1年、さらには5年などの期間を見据えて借入れを行います。 実際に融資が下りずに倒産。。。なんというニュースも見かけたこともあるでしょう。

企業にとって資金繰りは非常に重要な項目ですし、 源泉として資金調達ができなければ人を雇うことも設備を整えることも 難しいところが多いのではないでしょうか。

スタートアップ時は自分で貯めたお金で動いたり、投資家から資金調達 するというパターンもありますが、大半の中小零細企業は銀行、国金等の融資 にお世話になっているかと思います。

法人だと分かりやすいですが個人も同様です。

目先の事でもきちんと計画を立てる必要がありますし 何も考えずに借りるのはよくないです。 きちんとやるべきことが決まっているからこそお金は生きるのでないでしょうか。 融資とはこいうものなのかなと。

事業者向け融資の種類は豊富

経済合理性の社会が成り立っているのは個人が消費しているからでもありますが、法人、個人事業主が会社を経営し消費を生み出しているからです。この活動が無ければ「お金」の価値は崩壊し世の中が変わるでしょう。

「お金に縛られる」などお金のことをマイナスイメージとして捉えることが多い日本人ですがお金に来るって犯罪が起こることがあるけれど、実はお金のおかげで平和な社会が保たれている側面があることを忘れてはいけません。

だからという話ではないですが、法人が事業を継続してキャッシュを生み出し消費し、雇用を生み出していくことはとても大事。だから融資で資金繰りを安定化することは世の中のためになっているといえます。

そんな法人の融資のよく聞く用語を解説していきたいと思います。

つなぎ融資とは?

つなぎ融資とは例えばBtoB取引で何かの販売を行っていたとします。その商品を納品後翌月の末日までの支払い(入金をもらう)という契約をしている会社は沢山ありますが、キャッシュフローが不安定になる時があります。

100万円の商品の納品は終わったが、まだ入金を貰っていない状態のお金をを「売掛金」といいますが、売掛金がたくさんある状態で、法人銀行口座の預金がなくなってしまったらどうでしょう。倒産ですよね。売掛金がある場合は銀行からの融資は比較的納得してもらいやすくうけられますが、こういった融資のことをつなぎ融資とよんだりします。

また、家を建てる時に直接、住宅ローンを借りられない場合つなぎ融資を借りるケースがあります。自己資金で賄う事ができない場合、住宅ローンよりも高いお金を払う必要があるのは、できあがっていない家に対してローンがおりないケースがあるためです。しかし不動産会社や建築会社に支払うお金が必要だからという矛盾が発生します。

こういった時につなぎの金利の高い融資を一旦借り、住宅の引き渡しと同時に低金利の住宅ローンに乗り換えるというのが一般的です。

公庫融資とは

融資してくれる金融機関は「民間」と「公的機関」があります。 公的金融機関の略称として公庫融資といわれることがありますが、具体的に公庫は住宅金融公庫や日本政策金融公庫があります。

運営資金、資金繰り、事業拡大の際の融資が主ですが、地震が起きてしまった時等のセーフティーネットなどまで様々な融資があります。

民間の金融機関よりも金利がはるかに低いので法人で3期を終えている会社はこちらから借りるのが一般的。