sample_image

即日融資の選び方と3つのありがちな疑問を解決

即日融資に対する興味関心を事前にアンケートや知人へ街頭調査し調べ編集部がキーとなるテーマを絞り込みまとめた。

即日融資とは?という借入れ目的はないがその魅力を知りたい方~今すぐ借りたいからいいところを選ぶコツを教えてほしい。だけど誰に聞けばいいかわからないという人に見てもらいたいと思ってます。

01:地域格差は?東京だけ便利なんじゃないの?という誤解

意外というか聞いた人がたまたまそうだったのかもしれませんが即日融資もどうせ東京人だけ便利なんでしょ。という疑問が上がりました。

これ一言でいうと、ATMはコンビニ利用すると考えた時東京は圧倒的有利なのは間違いないです。県単位でいうと某7と11で有名なコンビニさん(セブンイレブンさん)で調べたところ「東京都=2307」に対し東北勢「青森県=10」「秋田=65」といった圧倒的差は確かに数時に現れていました。

北海道が932店舗と検討しているのがすごい。

主要都市の札幌、仙台、宇都宮、などであれば苦労する事はないのでは?帰り道にコンビニがある(セブン以外も含む)であればATMを頻繁活用のキャッシングで不便に思うことは地方だからということはないと言えます。データで答えはでません。東京が便利というのは否定はしませんが。

地方でも東京でも駅近とか近くに学校、病院があるとかで家賃は変わりますよね。この差のほうが大きいかもしれません。学校、大学、病院などがあると、その周辺に人が集まるのは昔から知られています。カフェやお金を使ってもらうお店が。

当然コンビニも比較的多くなるのではないでしょうか。知人の意見であったのが、一番近いコンビニは車で10分というのがあったのですが実際キャッシングするのは毎日ではないでしょうし、10分圏内でコンビニがあるなら便利な範囲と思うのですがどうでしょうか?

02:方法は?電話一本?スマホ?土日OK?時間は?

当然といえば当然でしょうがこういう疑問は必ず出てくるもの。方法としては通常キャッシングでも即日融資でも新規申し込み手続きは、電話、スマホ、店舗、契約機というのにほぼ変わりはありません。

時間は「アコム」「アイフル」の様な消費者金融系、「イオン銀行」「ufj」などの銀行、「エニー」「エイワ」などの中堅消費者金融系等の単位で似た傾向があります。先ほどの地域的な面でいうと、契約機の営業時間がやはり渋谷、新宿などの都内の方が遅くまでやっているというのは事実としてあります。

やはり東京って便利ですね。即日融資で1分1秒単位を比較する必要はありませんし、事実そこまで求めている人はそうはいないでしょう。今日中に借りれるか?がポイントだと思います。これは地域、サービスで事なるので電話で聞くのが最適かと思います。新規申込だけサービスが異常に良くあと後のサービスが微妙なキャッシングってする意味ないと思いますし実際そういうサービスはないのですが一度、無料会員になれば後はそこまで「時間」は気にしなくてもOKです。借りたいときに借りれてしまうキャッシングカードと化します。

ここでも良くある誤解を補足しておくと即日融資(新規申込の場合のみ)は時間が原則的に厳しいです。いくら便利と言っても平日で新規カードを作る人の属性は専業主婦、アルバイト、個人事業主、主婦、会社員と様々ですね。バイトや主婦は誤解を恐れずにいうと時間は自由に調整可能ですから朝の時間からお昼でスマホから申し込むなりすればいいでしょう。

問題は会社員。お昼休みは1時間くらいしかないと思うのでカード受け取りまで済ますとなると結構ギリギリになってしまう事もあるでしょう。おすすめとしては振込キャッシングで銀行口座に振り込んでもらうのが良いのですが、あたふたしているうちに時間が過ぎてしまった。となってしまった方も多いです。

そこでありがちな間違いが先にあげた大手意外で即日融資してくれるキャッシング会社は無いのかと探してしまうことでしょう。

結論から言うとそんな会社ありません。いやうちは24時間新規発行しますなんて会社があったらそれは詐欺か闇金等を疑ったほうが良いかと思います。有名な調べ方としては業者の検索システムがあり検索をすると賃金業の届け出、登録がないなどがあります。しかし、届け出をしていてもあやしい会社はたくさんいるので個人的にはそれを調べる意味はそこまでないかなとも考えています。

03:独自審査と必要書類と即日融資の限度額

中堅を省き大手消費者金融と銀行の審査と限度額について。なぜ今日必要だったの?って質問をしてみると、●●で緊急だったから。という答えが返ってきます。当然ですね。

計画を立てて貯金をし頭金を作り200万を融資してもらう。というような流れではなく真面目に働いている人も緊急で足りないお金が出てくるから即日融資は必要サービスだと思います。卵が先か鶏が先かという議論と似ていると思いますが今現在、大手数十社がこぞって即日対応をしているのは既に需要があるから。といえます。

理由は結婚式、公共料金、かなりの額を入れていたサイフ落とした、接待でキャバクラ言って使いすぎた等など本当に様々ですが普段はお金に困っていない人が一時を凌ぐために利用をしているというのも事実です。こういった一時を凌ぐ方たちは自分が審査に通るかということは考えもしないと思いますが、普段から比較して手取りが少なく切り詰めた生活を送っていて同様の事案(結婚式とか)が重なってしまった方は審査を気にする方も多いと思います。

結論をいうと独自審査といっても、破産者や債務整理をしたなどのよほどの事がない限り心配は不要です。独自というよりも一つ上に視野を広げてみると納得がいくかと思います。それは「銀行=銀行法」「消費者金融=賃金業法」の傘下におり、その法に元ずいて各自が独自のルールを作っているということです。ですから基本的にはほぼ変わりません。中には即日融資はしません。という会社もいますがだからといって審査が厳しいということはないのです。

そういった枠組みがあるという理解があると限度額によって必要書類の提出、準備も楽になります。よく50万円以上はその日に借りるのは無理。と言われますがこれも間違っています。上記の銀行であれば中には200万迄OK(収入証明なしで)という会社もいます。

書類は収入証明を出すか出さないかというのがキーポイントで他は免許証とかほぼ同じですので難しく考える必要はありません。

審査に関して言えば即日融資はかなり平等です。他の業態の審査はもしかすると人だけでなんとなく行っているかもしれませんが法の下に組まれている審査ですから細かく数値化されているためです。ある意味初めての借入で審査落ちしたら信用が平均を下回っているともとれるかもしれません。

ただ、審査落ちにも種類があり書類の不備や、申し込みを手書きで行った場合の記入ミスや、え?!と思うかもしれませんが字が汚すぎて書類の処理が出来なかったなどもあり得ます。あと免許証をケータイなんかで写真に撮る場合もピントがずれていないかなど当たり前の事は確認する必要がありますね。機械化されていても確認する人は人間ですので。

信頼できる人気の消費者金融も最終判断はあなたに依存する

01~03のポイントを熟知していれば即日融資で失敗をする確率を極端にさげられます。 世の中は知らないと損をするのが常ですが、逆をいえば知っていれば得をするのです。この当たり前の事実をみんななぜか避けて通るのは不思議でなりません。

情報過多なので単純に「良い」とされることが埋もれてしまっているだけでうまく取捨択一できないというのが理由でもありますがね。

結論をいうと即日融資 ランキングのような上記要点を抑え、独自の精査を行いTOPクラスの金融機関だけを集めた一覧を参考にするのが早いのですが独自の精査って100人いれば根拠にする指標がそれぞれ違う訳で、なかなか信用していいものか迷う事があると思います。だから前提条件として各自が基礎知識を学びランクづけされている会社は本当に優良企業なのかを判断する必要があります。

即日融資系のサービスは「騙される」「金利が高すぎる」という業者も存在します。 例えば、水商売などの社会的信用が低い偏見を持たれている方達は高額ローンを組めなかったりします。また闇(最近ではソフトヤミ金)といわれる金融業者は人の悩みや懐に入り込むのがあるいみ上手で、そういった方々をターゲットに金貸しを即日で行っているケースもあるようです。その金利はあきらかに10日で倍の額だとか法外の金利です。

こういった事実がどこかにあるという話を聞いてどう思いますか?そんなことは知っているよ・・・。って方はそこまでの知識がある方。え、別に倍でもすぐ貸してくれるならよくない?って思う方は考えをなおしましょう。大手の借入はそこまで難しくありませんから。