sample_image

収入証明書不要の消費者金融

基本的に、消費者金融の審査に収入証明書は不要です。
理由は簡単で、収入証明書とは別の方法でお金を借りる
消費者が所得を得ている事を確認するからです。
この方法の事を在籍確認と言います。

在籍確認の為、勤め先に電話がくる

消費者金融からお金を借りるときには、まず勤め先の住所と
連絡先を必要事項欄に記入しなくてはいけません。
そうすると、金融機関側から直接働いている場所に対して
電話をするようになっているのです。

この電話で実際にその会社に在籍しているかを確認することで、
収入証明書の変わりとしているわけです。
なぜこのような方法をとっているのかと言うと、
こうした方法を取るほうが確実で信用性が高く、
かつ迅速に消費者に対して融資を行うことができるからです。

そもそも、消費者金融からお金を借りるときには
大きな年収を必要としないことが基本になっています。
ですので、一定の収入が入っていることさえ確認できれば十分なのです。
加えて、金融機関は信用情報によって消費者の情報を信用情報を
管理している機関に問い合わせをすることができるようになっていますので、
この時点で相手が信用できるものかどうかを確認することが出来ます。

実際、信用情報の共有によって消費者金融では無担保で、
かつ保証人をつけずにお金を借りることが出来るようになっています。

勤め先にばれないように配慮はされます。

当然、勤め先に在籍確認の電話がいっても消費者金融からの電話だとは
悟られないような対策がきちんと取られていますので何も心配する必要はありません。
安心してお金を借りることが出来るのです。

収入証明書が必要なケースと手配の仕方

消費者金融から収入証明書を提出してくださいという例外も勿論あってどんな場合に言われるのか?というと、高額な借入れの場合です。消費者金融は賃金業法で取り決められている金額、一律50万円以上の場合になります。はじめての場合も既に消費者金融の審査を通っていて追加融資をしてもらう場合や限度額のUPの交渉をする場合など提出を求められるケースは一律50万円以上の借入れを求める際です。

銀行のカードローンは100~300万円迄収入証明書が必要が無いと歌う会社もありますが実際は信用ベースになるので誰でもOKという訳ではないので注意しましょう。注意も糞もありませんので審査してみるしかないんですけどね。

どの金融機関でも収入証明を見せないとあなたの本当の収入がわからないわけですから金融機関が書類としてみせてというのは当然のことです。

その書類どこでもらうかぱっと思いつきますか?

思いつかないですよね。私もそうでした。

収入証明は給与明細や納税証明書等で確認がとれる

これも金融機関によって若干異なりますが給与明細でOKですよといってくれるところもあります。給与明細は捨てずに取っておくのが大事ですね。もしも捨ててしまった場合よほどの会社でない限り再発行を経理の方にお願いすれば発行してくれると思います。経理と連絡の取り方がわからない場合は上長にかけ合いましょう。

ただ、なんで必要なの?と詮索される場合もあるでしょうから言い訳は考えておいてくださいね。

明細再発行の依頼をと会社にいうのがなんだか気まずいとか、消費者金融が明細はNGという場合は大抵が納税証明書(収入証明書)が必要になってきます。

納税は会社が給与を支払う時に代行して納税してくれいるので、お住まいの市役所にいけばもらうことができます。